バラ祭について

新時代を描くコミュニティ・デザイン活動を実践
『靱公園くらしとみどりネットワーク』

靱公園バラ祭を主催する「靱公園くらしとみどりネットワーク」とは、昭和30年開園の靱公園(大阪市西区)が、開園50周年を迎えたのを契機に結成(2006年2月)された有志市民団体です。“公園を活かした都心の暮らしづくり”を活動テーマに、地元を中心とした公園を愛する市民たちが、公園管理者・区役所の方々と連携し、50周年以降の新たな50年へ向けて、公園を核にした地域づくりや、住民が主役となる公園の運営方法などを一緒に考えていこうと活動を続けています。

「靱公園バラ祭~くらしとみどりフェスタ~」 企画主旨

日々実感!公園のあるまちの幸せ

靱公園一帯は、その昔江戸時代には海産物を取扱う市場として栄え、終戦直後は駐留米軍により物資輸送の小型機用飛行場へと姿を変えました。そして、戦後の混乱が落ち着き始めた頃、連合国から返還された土地を、地元地権者たちの協力もあり、都市公園として整備されることが決まり、昭和30年に「靱公園」として誕生しました。

 

その後、都心における貴重な都市公園として親しまれ、平成17年(2005)にめでたく満50歳を迎えました。この記念すべき開園半世紀を契機に結成された有志団体「靱公園くらしとみどりネットワーク」は、2006年4月に官民一体となった「50周年イベント」を開催させていただきました。靱公園の半世紀を、暮らし・自然・まちづくりなどについて様々な角度からふり返り、同時に、より大切な新たな50年に向け、靱公園という都市公園の未来への可能性を探りながら、公園のある街の幸せを実感できるまちづくりを考え、実践していこうと思い、私たちなりのメッセージを発信させていただきました。

 

そして翌年からは、新しい50年への本格的な第一歩を踏み出すことになり、イベントタイトルも靱公園のシンボルであるバラ園にちなんで《靱公園バラ祭~くらしとみどりフェスタ~》と名付けました。以来、「靱公園くらしとみどりネットワーク」の活動テーマである“公園を活かした都心の暮らしづくり”をコンセプトに据え、市民と行政が協働して開催するコミュニティ・イベントとしてこれまでに10年余の歴史を数えています。

 

コミュニティ・イベントのあるべき姿を常に探り、自主・自立のスピリットを共有する靱公園をこよなく愛する公園ラバーズを核に、界隈の人々をはじめ様々な立場の人たちと一緒になって、都市公園のあるべき未来像、公園のある街の素敵な生活像を様々なイベントを通じて考えていこうと思います。

靭公園バラ祭のご協力いただきました皆さま誠にありがとうございます。

バラ祭では、ご協賛・ご協力いただける企業さま、団体さまを随時募集しております。

三角